通信制大学

産業能率大学通信制を卒業して思っていること

2020年3月、産業能率大学通信課程情報マネジメント学部を卒業しました。

学位授与式(卒業式)も参加予定でしたが、コロナウイルスが猛威を振るっており卒業式は中止。

しかしながら、もちろんのこと卒業した事実は変わりませんので卒業した感想や在学時のことを振り返ってみたいと思います。

よかったこと

在学時や卒業してよかったことあげてみます。

学士を授与してもらえた

“学士を授与”なんて聞きなれない言葉ですが、つまり大卒になれたことです。

当初の目的が大卒の資格をとることだったので、目的が達成できるのはやはり嬉しいです。

これでやっと大卒を名乗れます。

楽だった

産業能率大学の卒業率は、73%。
しかもこれは2年間での卒業率なので、3年以上かかって卒業した人も計算にいれると、もっと高い計算になるはずです。

卒業率が高い=簡単である

と言えると思います。
いろいろな科目を受ける中で、もちろん難しい科目もありました。

私のように、とにかく大学卒業の資格を!と考える方は難しい科目をとる必要はありませんので、簡単に卒業できると思います。

ほぼノー勉強でした。

学費が安かった

こちらの記事でも書いていますが、学費が安かったです。
2年間で46万円。
この安さは産業能率大学か放送大学くらいしかないのでは?

https://yokohamaism.com/calleagemoney/

後悔していること

一方、後悔していることもあります。

真面目に勉強していれば・・・

2か月に1回の試験。
受験しているまわりの人を見ると、付箋を貼ったり、マーカーで線をひいたりとちゃんと勉強している人もいます。
一方の私は、テキストがほぼ新品。
テキストを使ったのは、リポート提出時と試験の日のみ。

それでも試験に合格できるんです。(学部や科目によって難易度に違いはあります)

そこで真面目に勉強し、高得点を狙っていればもっといい成績がとれたはずです。

60点以上で合格となりますが、合格の中でもランクがあります。

合格すると全ての科目に評価がつけられます。
Sがたぶん100点かそれに近い点数。

私の場合は、AやBといった評価が目立ちます。
ちゃんと勉強していれば、Sをもっと取れたんだろうなと思っています。

試験前の勉強

前項と内容がかぶりますが、勉強をしていなくて後悔した話part2です。

科目習得試験というのは、問題集を持ち帰れます。
そして、なんと試験の問題が過去の問題と全く同じ内容のこともあります。

過去問をしっかりやっていれば、試験なんて簡単に100点を取れたりするんでしょう。
しかも悩まず、時間切れを気にせず、落ち着いてできたでしょう。

なぜ過去問を解いておかなかったんだ。と毎回後悔していました。

でも試験前になっても、面倒だから別にいいや。でぶっつけ本番。
そして試験で苦労する。なんてことが毎回でした。

 

産業能率大学のランク

大学にはランクがつきものです。
慶應義塾大学や早稲田大学、法政大学なんかも通信制を取り入れている大学でした。

やはりこのランクの大学は、卒業も容易ではないはずです。
特に慶應義塾大学の通信制は卒業率が低いことで知られています。

産業能率大学だったから卒業できたと思う反面、ランクの高い大学の学士もほしかったという思いもあります。

慶應義塾や早稲田をAランクとすると、産業能率大学の通信制はFランクと言われてもおかしくありません。

私の会社には、東大や京大、慶應に早稲田、と高学歴がゴロゴロいますので、大卒になったとはいえども、まだ差を感じています。

 

さいごに

以上が産業能率大学に入って良かったこと、後悔していることでした。

【産業能率大学 通信教育課程】出願時のコース選択について産業能率大学の通信制入学することを決めたものの、コース選択でまた悩みますよね? 私自身も産業能率大学に入学(3年次編入)し、コース選択...
産業能率大学通信制【科目習得試験】カモシュウの難易度いよいよ産業能率大学・短期大学で初めて試験でしょうか。 科目修得試験ってどんな感じなのか気になりますよね。 難易度はどのくらいだ...

 

関連記事